名前を覚えて貰える

変わった名刺を作ってみる

社会人にもなると、多くの人は名刺を作りますよね。会社によっては社員用の名刺を作成してもらえるので、自分でわざわざ用意する必要はないかもしれません。でも、せっかくならインパクトのあるものを作りたいとは思いませんか。 職業によっては、奇抜なものを作るわけにはいかないでしょう。しかし、ある程度自由が許されるなら、自分で印刷して人とは違う名刺を作ってみてはいかがでしょうか。 標準的な名刺のサイズは、55mm×91mmです。しかし、必ずしもこのサイズでないといけないわけではありません。もっと大きくてもいいし、小さくてもいいのです。四角である必要もないですし、もっと言ってしまえば紙である必要もありません。 プラスチック板に印刷されたものや、しおりのような形のものなど、世の中には様々な名刺があります。パソコンとプリンターがあれば、自分で素敵な名刺を印刷することも可能なのです。

管理と印刷が楽にできる

多くの人と名刺交換をすると、管理が大変になってしまいますよね。もらったものを捨てるわけにもいかないので、どんどん溜まってしまって困る、という人もいるのではないでしょうか。 最近では、便利なツールも開発されています。名刺をスマホやタブレットを使って撮影して、専用のアプリで管理することができるのです。うまく利用することで、ビジネスにとても役立つのではないでしょうか。 また、自分で名刺を印刷しなくても、簡単に業者に発注できるようにもなっています。インターネットで検索すれば、たくさんの業者がヒットすることでしょう。好きなデザインを選択し、印刷したい情報などを入力して注文すればいいだけなのです。100枚印刷する場合、2000円もあればそれなりに凝ったものが作れるはずです。