自作もできる

印刷でサイズ通りに作る方法

名札の名前は手書きをしたものより印刷をしたものの方が仕上がりがきれいで良いでしょう。 名札などに入れるカードの印刷では、カードのサイズ通りにどうやって線を引き印刷するかがまず最初につまづく所だと思います。 MicrosoftのExcelにはそれが簡単にできる方法があります。 そこで、Excelを使って印刷する方法を紹介します。(バージョンは2007を使用しています。) まずはExcelを起動し、Excel上部のリボンの中から「表示」のタブを選択、その中の「ブックの表示」グループの「ページレイアウト」をクリックします。 すると、列と行の表示がいつもと少し違った画面になると思います。この表示方法を選ぶと、列の幅、行の高さをセンチメートル表記で表示してくれるようになります。 セルの列の幅、行の高さを変えれば、名札のカードのサイズ通りの枠が出来上がります。 あとはそのセルに薄い色で罫線を引き、名前を入力して印刷し、ハサミで切り取れば名札の完成です。 とても簡単なのでおすすめの方法です。

おすすめの購入場所と価格

名札は文房具店などで手に入りますが、100円均一で購入するのがおすすめです。 ここでは、名刺サイズのカードを入れるタイプの名札の価格について紹介します。 まず、ハードタイプのプラスチックを使用し、クリップまたは安全ピンで留めるタイプの名札であれば、100円均一で3つ100円で購入することができます。こちらは1つおよそ33円となっています。 次に、ソフトタイプのプラスチックを使用し、首から下げるストラップ付きのタイプの名札であれば、100円均一で2つ100円で購入することができます。こちらは1つおよそ50円となっています。 その他にもさまざまな形の名札がありますので、利用するシーンや予算に合わせて、選ぶとよいでしょう。